MOCO'Sキッチンにも登場したアワビタケって何??

こんにちは(・∀・)

今日のMOCO’Sキッチンは中華系でアワビタケを使っていましたね。

 アワビタケ・・・私は最近知りました。


中国の砂漠地帯にある薬用植物のアギと呼ばれるセリカの植物に自生しているアワビタケ。(中国ではアギタケと呼ばれています)白色で肉厚。アワビのような歯ごたえがあり他のきのこにはない触感が特徴の希少なきのこで日本各地で栽培されています。


くんのこでも最近コース料理にアワビタケをお出ししています。

当店は洋野町の長根商店さんから仕入れています。

長根商店さんではアワビの貝殻を粉末状にし、きのこの菌床に加える事でアワビなど貝類の食感によく似た独自のきのこを栽培をしているそうです。

画像はアワビタケのコンソメ煮(’∀`)オイシソウ

結構なボリュームがあるように見えますが、アワビタケ本来のおいしさとシェフの味付けにより若い方からご年配の方までぺろりと食べていただけております。

くんのこでアワビタケを食べられるのは今の時期だけです!

皆様ぜひ食べに来てくださいね(^O^)/